downloadGroupGroupnoun_press release_995423_000000 copyGroupnoun_Feed_96767_000000Group 19noun_pictures_1817522_000000Group 19Group 19noun_Photo_2085192_000000 Copynoun_presentation_2096081_000000Group 19Group Copy 7noun_webinar_692730_000000Path
メインコンテンツに移動

クリティカルサブシステムの2020年TOP 10サプライヤー ドライエッチチャンバーの急増で、RF電源サプライヤーがランキングを急上昇

VLSI Researchが、クリティカルサブシステムのトップサプライヤーリストを発表しました。ドライエッチチャンバーの出荷の急増により、RF電源製品の2020年の成長率は52%を記録し、関係企業の順位を上げる結果となりました。

世界の半導体前工程製造装置投資額は3年連続で過去最高更新へ

ファブ装置市場は、2020年に16%増加した後も、2021年には15.5%、2022年には12%の成長が予測され、まれに見る3年連続の過去最高更新へと向かっていることが、最新のWorld Fab Forecastレポートで明らかになりました。

深刻化するパッケージ基板不足

2020年10月に発生した台湾Unimicronの工場火災は、ICパッケージ基板の生産能力不足の深刻な実態を露呈しました。生産能力のひっ迫により、基板価格は上昇し、納期は14週間以上に伸びました。最も不足しているのはフリップチップBGA(FC-BGA)基板です。

イスラエル経済月報(2021年1月)

SEMIジャパンでは在イスラエル日本国大使館のご厚意で「イスラエル経済月報」を提供いたします。イスラエル介在指標、経済記事、日本イスラエル経済記事、イベント予定などがまとめられています。

クリティカルサブシステムのサービス売上は2025年に35億ドルに達する勢い

クリティカルサブシステムのサービスおよびサポート関連の売上は2020年に23億ドルに達しました。このまま成長すると2025年に35億ドルに達するでしょう。製造装置の設置台数、稼働率、アップグレード・改造頻度が増加したことで、売り上げを数年前には考えられなかった水準へと押し上げられているのです。サービスを提供している企業にとっては良いニュースかもしれませんが、チップメーカーにとっては問題です。

中国が米国・日本のIC生産能力を追い抜く

2012年の時点で、中国のIC生産能力は、世界7地域の中で5位でしたが、2018年には南北アメリカを、2019年には日本を抜いて、世界3位に躍進しました。SEMIのアナリストが成長動向を分析します。

クリティカルサブシステムの売上が2020年に記録更新へ

半導体製造装置用のクリティカルサブシステムの売上高が、2020年に122億ドルを上回る見込みです。これは2018年に記録された過去最高額の115億ドルを6%上回る金額です。しかも、サプライチェーンの前例のない混乱の中でこれを達成したのです。

 

COVID-19のマイクロ流体産業への影響:このチャンスは単発か長期的か?

COVID-19は医療市場全体に影響を及ぼしました。第一波のピーク時には、製造業や自動車産業の企業がセンサーや製造ラインを転用して、人工呼吸器用の圧力センサーや体温計用の温度センサーを供給しました。同時に、ウェアラブル機器など遠隔患者モニタリングに使用するモバイルデバイス用のセンサーを製造する各社は、世界的な遠隔治療の急増もあって、需要の増加を経験しました。

パンデミックの中で急伸する半導体製造装置市場販売額

COVID-19との戦いが世界で続く中、ここ数カ月の世界経済は、ウイルスの影響から回復への緩やかな道を歩み始めました。しかし、在宅での学習、勤務、さらには医療に至るまで、パンデミックの影響を受けた様々な産業のトランスフォーメーションの効果で、目覚ましい成長を遂げているセクターもあります―半導体です。

 

パンデミックをコントロールできるなら、進むべき道は開ける

世界全体の景況感は、10月にかけて改善が進みましたが、パンデミックの懸念が増大するにつれ、改善のスピードは若干ですが減速を見せています(Chart 1)。