downloadGroupGroupnoun_press release_995423_000000 copyGroupnoun_Feed_96767_000000Group 19noun_pictures_1817522_000000Group 19Group 19noun_Photo_2085192_000000 Copynoun_presentation_2096081_000000Group 19Group Copy 7noun_webinar_692730_000000Path
メインコンテンツに移動

2020年6日10日

<ご参考資料>

米国カリフォルニア州で2020年6月9日(現地時間)に発表されたプレスリリースの翻訳です。

半導体ファブ装置の投資額、
2021年に680億ドルにせまる最高額を記録する見込み

SEMI(本部:米国カリフォルニア州ミルピタス)は、6月9日(米国時間)、半導体前工程ファブ装置投資額の予測を発表しました。投資額は2021年に前年比24%の急成長を見せて過去最高額を上回る677億ドルに達する見込みです。

この予測はSEMIが発行したWorld Fab Forecastレポートの2020年第2四半期版が提供するもので、2月に発行した前回レポートの予測額657憶ドルを10%上方修正しました。全ての製品分野で堅調な成長が予測されますが、なかでもメモリーファブの投資額が最大の300億ドルとなり、最先端ロジックおよびファウンドリがこれに続く290億ドルとなるでしょう。

メモリーファブの内、3D NANDの投資額は今年30%増加し、さらに2021年に17%の成長をして、この急成長をけん引するでしょう。DRAMファブは2020年に11%減となるものの、2021年に50%の急増をするでしょう。ロジックおよびファウンドリのファブ装置投資は最先端ラインが中心となり、今年11%減少した後、2021年は16%上昇という控えめにはなりますが同様の動きを見せるでしょう。

製品分野によっては、投資額は小さいものの印象的な成長率を示すものもあります。イメージセンサーは、2020年に60%、2021年に36%と目をみはる急成長が続くでしょう。アナログおよびミクストシグナルは、2020年に40%、2021年に13%成長し、パワー関連デバイスは2020年に16%、2021年に67%の飛躍をすることが予測されます。

World Fab Forecastレポートは、2020年の装置投資の底が、第1四半期から第2四半期へシフトしていることも示しています(下図参照)。

図1:半導体前工程ファブ装置四半期投資額(2019年~2021年)

四半期毎の投資額の推移を見ると、2020年の1年間にわたる新型コロナウイルス流行の影響が明らかになります。世界のファブ装置投資額は2020年第1四半期に前期比15%の減少をしましたが、これは2月の時点で予測された26%減を上回る投資額です。3月に入り、屋内退避例により世界中のオフィス、商店街、学校から人がいなくなると、ウイルス感染拡大への対策として安全在庫を積み上げる企業が出てきました。感染拡大と共に、ノートブック、ゲーム機、ヘルスケア機器といったITやエレクトロニクス製品の需要が急増します。6月後半に予定される中国への半導体製造装置輸出禁止への不安にあおられた在庫の積み増しも、第2四半期には予想されるところです。

World Fab Forecastレポートは2020年後半に投資が上昇することを予測していますが、2020年のファブ装置投資額は2019年の8%減に続いて4%の減少をするでしょう。

上昇が予測されてはいますが、パンデミックへの恐れが解消されたわけではありません。これによるレイオフで、米国だけでも4千万人の労働者が失職し(5月時点)、企業倒産の影響はコンシューマ市場や裁量的支出へと波及するでしょう。例えば、失業者率の増加が、スマートフォンや新車の販売額減少につながるということです。こうした下降気流の中にあっても、デジタル化やコミュニケーションのニーズが半導体産業の成長をけん引し、クラウドサーバー、サーバーストレージ、ゲーム機、ヘルスケア機器などが、メモリーやIT関連機器の需要を押し上げるでしょう。


本リリースに関するお問合せ 

統計について:
SEMIジャパン マーケティング部(沢田)
Email:nsawada@semi.org
Tel:03-3222-5873

メディア・コンタクト:
井之上パブリックリレーションズ
櫛山、藤井
Email:semijapan-pr@inoue-pr.com
Tel:03-5269-2301