downloadGroupGroupnoun_press release_995423_000000 copyGroupnoun_Feed_96767_000000Group 19noun_pictures_1817522_000000Group 19Group 19noun_Photo_2085192_000000 Copynoun_presentation_2096081_000000Group 19Group Copy 7noun_webinar_692730_000000Path
メインコンテンツに移動

<ご参考資料>
米国カリフォルニア州で2021年4月13日(現地時間)に発表されたプレスリリースの翻訳です。

2020年世界半導体製造装置販売額、
前年比19%増の過去最高となる712億ドル

 

SEMI(本部:米国カリフォルニア州ミルピタス)は、4月13日(米国時間)、半導体製造装置(新品)の2020年世界総販売額が、2019年の598億ドルから19%急増し、712億ドルとなったことを発表しました。このデータの詳細は、SEMIが発行する世界半導体製造装置市場統計(WWSEMS:Worldwide Semiconductor Equipment Market Statistics)で提供されます。

地域別では、中国が初めて新品の半導体製造装置の最大市場となり、前年比39%増の187.2億ドルが販売されました。第2位の装置市場となった台湾の販売額は、大きく成長した2019年から横ばいとなる171.5億ドルでした。韓国は61%増の160.8億ドルで3位を維持しました。2019年に市場が縮小した日本と欧州はいずれも2020年に回復を示し、日本は21%、欧州は16%の成長をしました。3年連続でプラス成長をしてきた北米は、2020年は20%の減少となりました。

装置分類別では、ウェーハプロセス用処理装置の販売額が19%上昇し、その他前工程装置は4%増となりました。組み立ておよびパッケージング装置とテスト装置の販売額は、全ての地域で旺盛な成長をし、2020年の市場は34%増となり、テスト装置の販売額はトータルで20%増となりました。

WWSEMSは、SEMIと一般社団法人日本半導体製造装置協会(SEAJ)が共同で、それぞれの会員企業から提出されたデータを集計した世界半導体製造装置産業の販売月額の統計レポートです。これには、ウェーハプロセス用処理装置、組み立ておよびパッケージング装置、テスト装置、その他前工程装置(マスク/レチクル製造装置、ウェーハ製造装置、半導体製造装置用関連装置)の装置分類が含まれます。

 

2019-2020年半導体製造装置市場(地域別、単位10億米ドル)

地域 2020年 2019年 対前年比成長率(%)
中国 18.72 13.45 39%
台湾 17.15 17.12 0.2%
韓国 16.08 9.97 61%
日本 7.58 6.27 21%
北米 6.53 8.15 -20%
欧州 2.64 2.28 16%
その他地域 2.48 2.52 -1%
合計* 71.19 59.75 19%


(出典:SEMI/SEAJ 2021年4月)
*数字を丸めているため、合計値は合わない場合があります。

 

SEMIの半導体製造装置市場統計レポート年間購読EMDS(Equipment Market Data Subscription)は、世界半導体製造装置市場に包括的な市場データを提供しています。EMDSには、以下の3つのレポートが含まれます。

  • 製造装置市場動向の早期見通しを月毎に提供するSEMI Billingレポート
  • 半導体製造装置の出荷額を世界7地域と24の装置カテゴリーに分類した詳細な月次レポート 世界半導体製造装置市場統計WWSEMS(Worldwide Semiconductor Equipment Market Statistics)
  • 半導体製造装置市場の予測を提供するSEMI半導体製造装置コンセンサスフォーキャスト

購入などのお問い合わせは、SEMIのIR&Sグループ(mktstats@semi.org)でお受けします。

 

本リリースに関するお問合せ

統計について:
SEMIジャパン マーケティング部(沢田)
Email:nsawada@semi.org
Tel:03-3222-5873

メディア・コンタクト:
井之上パブリックリレーションズ
櫛山、藤井
Email:semijapan-pr@inoue-pr.com
Tel:03-5269-2301