downloadGroupGroupnoun_press release_995423_000000 copyGroupnoun_Feed_96767_000000Group 19noun_pictures_1817522_000000Group 19Group 19noun_Photo_2085192_000000 Copynoun_presentation_2096081_000000Group 19Group Copy 7noun_webinar_692730_000000Path
メインコンテンツに移動

<ご参考資料>
米国カリフォルニア州で2020年7月21日(現地時間)に発表されたプレスリリースの翻訳です。

半導体製造装置投資額は好調な2020年に続き2021年には過去最高の700億ドルに

 

SEMI(本部:米国カリフォルニア州ミルピタス)は7月20日(米国時間)、SEMICON Westにおいて世界半導体製造装置の年央市場予測を発表しました。それによりますと、半導体製造装置(新品)の世界販売額は、2019年の596億ドルから2020年には6%増の632億ドルに達し、2021年には二桁の力強い成長を遂げて700億ドルの過去最高額を記録することが予測されます。

多くの半導体分野での成長がこの市場拡大を支える見込みです。ウェーハファブ装置分野(ウェーハプロセス処理装置、ファブ設備、マスク/レチクル製造装置)はメモリー投資の回復と先端プロセスへの投資、中国における投資にけん引されて、2020年に5%、2021年には13%の成長が見込まれます。ウェーハファブ装置販売額のほぼ半分を占めるファウンドリおよびロジックの投資は、2020年と2021年ともに一桁での成長が見込まれます。DRAMとNANDの2020年の投資額はどちらも2019年の水準を上回り、2021年は20%を上回る成長が見込まれます。

組み立ておよびパッケージング装置分野は、アドバンストパッケージングの生産能力拡大により2020年に10%成長し32億ドルに達し、2021年には8%成長し34億ドルとなると予測されます。半導体テスト装置市場は5G需要により2020年に13%成長し57億ドルに達し、2021年も成長が継続するとみられます。

地域別には、中国、台湾、韓国が2020年の投資をリードすることが予測されます。中国のファウンドリにおける旺盛な投資によって、同国は2020年と2021年の両年にわたり、世界最大の装置市場となる見込みです。台湾の装置投資額は、2019年に68%の成長を遂げた後、2020年は減額するものの、2021年は10%のプラス成長と反発し、世界第3位の市場となると見込まれています。韓国の装置投資額は、メモリー投資の回復により2021年に30%の成長が予想されます。その他の地域も、ほとんどで2020年から2021年にかけて成長が見込まれています。

 

地域別市場予測

イメージ

 

※数字を丸めているため、合計値が一致しない場合があります。
(出典:SEMI半導体製造装置市場統計レポート年間購読、2020年7月)

 

現在のSEMIの予測は、最大手半導体製造装置メーカーから集めた見解、World Fab Forecastデータベース、世界半導体製造装置市場統計(WWSEMS)に基づいて作られています。

SEMIの半導体製造装置市場統計レポート年間購読EMDS (Equipment Market Data Subscription)は、世界半導体製造装置市場に包括的な市場データを提供しています。EMDSには、以下の3つのレポートが含まれます。

  • 製造装置市場動向の早期見通しを月毎に提供するSEMI Billingレポート
  • 世界半導体製造装置市場統計WWSEMS (Worldwide Semiconductor Equipment Market Statistics) 半導体製造装置の出荷額を世界7地域と22の装置カテゴリーに分類した詳細な月次レポート
  • 半年毎に半導体製造装置市場の予測を提供するSEMI半導体製造装置コンセンサスフォーキャスト

 

EMDSに関するお問い合わせおよび購読申し込みについては、SEMIジャパンのカスタマー・サービス(03-3222-5988、jcustomer@semi.org)にお問い合わせください。

 

本リリースに関するお問合せ

統計について:
SEMIジャパン マーケティング部(沢田)
Email:nsawada@semi.org
Tel:03-3222-5873

メディア・コンタクト:
井之上パブリックリレーションズ
櫛山、藤井
Email:semijapan-pr@inoue-pr.com
Tel:03-5269-2301