downloadGroupGroupnoun_press release_995423_000000 copyGroupnoun_Feed_96767_000000Group 19noun_pictures_1817522_000000Group 19Group 19noun_Photo_2085192_000000 Copynoun_presentation_2096081_000000Group 19Group Copy 7noun_webinar_692730_000000Path
メインコンテンツに移動

2020-10-06

webinar

自動車・5Gなど最終製品メーカーまで巻き込んだ製品管理のトレーサビリティ標準化活動

世界レベルで問題となっている半導体・電子デバイスの模倣品。半導体装置メーカー・半導体部材メーカーを巻き込んだ、サプライチェーンを通じた模倣品対策の標準化活動が佳境を迎えています。

このグローバルの標準化活動の背景には、米中の覇権争いがあります。アメリカ当局の調査データによると、偽造半導体の流通金額は年間$7.5 Billionに達しており、また、欧州反偽造事務局(OLAF)の発表情報では、2017年に行ったわずか2週間の税関検査において約100万点の偽造電子デバイスが発見され押収されたとのこと。

そこで、ブロックチェーンを使って、半導体製造に係る部材や製造装置の品質保証を行うこと、製造された半導体をサプライチェーンを通じて管理していくことにより、模倣品を排除することを狙っています。つまり、このトレーサビリティは、自動車・5Gなど最終製品メーカーを巻き込んだサプライチェーン全体の標準化なのです。

※内容はやむを得ず変更となる場合がございます。予めご了承ください。

対象者:装置メーカー、部材メーカーの調達・購買に関わる方ほか

主 催 : SEMI

参加費:無料

下記「お申込みについて」欄をご確認の上、お申込み手続きを行ってください。

時間

10:35 午前 - 12:00 午後

場所

日本

Tokyo

webinar

アジェンダ

10:35 am
浜島 雅彦
SEMI Japan 代表

開会挨拶

10:45 am
伊賀さま
伊賀 洋一
SEMIスタンダード・トレーサビリティ技術委員会日本チャプター共同委員長,JEITA 半導体信頼性技術委員会 客員 / RSE 規格開発エキスパート

SEMI トレーサビリティ委員会とIoTおよびマイクロエレクトロニクス製造サプライチェーントラスト化

Speaker Biography
SEMIにIoTのコンセプトを取り入れたトレーサビリティの規格開発活動が、北米で始まりました。デバイス単体、材料、設備、梱包を組み合わせて、まずは、工場内にインフラを整備、将来的にはサプライチェーンに広げることを検討しています。これを理解して頂くために具体的なユースケースにもとづき説明いたします。

11:15 am
角淵さま
角淵 弘一
SEMIスタンダード・トレーサビリティ技術委員会日本チャプター共同委員長,日本電産サンキョー(株) 営業本部 副本部長

製造装置・部材・デバイスのサプライチェーンを含めたトレーサビリティ規格の開発概要 ー ブロックチェーン技術の活用により、半導体デバイスを材料から自動車などの最終製品までトレースを可能とするスタンダードの概要

Speaker Biography
最近半導体デバイスの模倣品が大きな問題となっています。通信機や自動車にまで被害が進んでいます。そこで、私たちは模倣品対策の世界標準規格作成を開始しました。半導体デバイスの生産はもちろん流通段階もトレースすることを対象とします。さらに、半導体を製造する装置や半導体を構成する部材もトレーサビリティの対象とします。これら現在作成中のSEMI規格を解説します。

11:45 am

質疑応答・サマリー

12:00 pm

終了

お申込みについて

Webinar - The Future of Work: Leading Remote Teams

本ウェビナーは無料でご聴講いただけます

  1. 先着順でのご案内となりますのでご了承の上、お早めにご登録ください。なお、申込期限は前日10月5日(月)午前11時迄となります。

  2. 「お申込みはこちら」ボタンよりお申込みください。

  3. お申込いただきました方へ、
    ①9/30(水)までにお申込みの方 → 10/1(木)にオンライン会議システム「GoToWebinar」へ接続するURLを記載したメールをお送りいたします。
    ②10/1(木)以降にお申込みの方 → 10/5(月)にオンライン会議システム「GoToWebinar」へ接続するURLを記載したメールをお送りいたします。

  4. オンライン会議へのアクセスが可能となるのは、ウェビナー開催時刻の15分前、10/6(火)10:20~となります。

 

接続事前確認のお願い

オンライン会議は「GoToWebinar」というソフトウェアを使用します。
企業様のセキュリティポリシーにより、このソフトウエアに繋がらない場合がございます。
こちらの GoToWebinar ご利用ガイド をご覧の上、事前に接続テストをお願いいたします。
接続できない場合は、タブレット・スマートフォンでの視聴をお願いします。

 

講演者の認可が得られた場合のみ、ウェビナー終了後に講演資料をEメールにて配信いたします。講演時の資料と内容が異なる可能性がございます。また資料がご提供できない場合もございますのであらかじめご了承ください。

SEMIジャパン イベント受付 
Email: jeventinfo@semi.org

Webinar - The Future of Work: Leading Remote Teams