downloadGroupGroupnoun_press release_995423_000000 copyGroupnoun_Feed_96767_000000Group 19noun_pictures_1817522_000000Group 19Group 19noun_Photo_2085192_000000 Copynoun_presentation_2096081_000000Group 19Group Copy 7noun_webinar_692730_000000Path
Skip to main content

ACSL envisions “liberating humanity through technology” by promoting unmanned systems for tough, dangerous and dirty operations.
For example, current plant pipeline inspections have all be done by human labor – from capturing images and evaluation, to developing reports. ACSL places “drone’s brain” as its core, and develops an end-to-end integrated drone systems to compensate and unman the entire operations. We will share the latest frontier technology as well as its use cases.

ACSLでは、「技術を通して、人々をもっと大切なことへ」というビジョンのもとに、特に3K(きつい、きたない、きけん)業務の省人化・無人化を推し進め、より豊かな社会形成に貢献したいと考えております。
例えば、従来のプラント点検においては、点検画像の取得から、保守の判定、および調書の作成まで、全工程を人が実施してきました。ACSLでは、コア技術である「ドローンの頭脳」を中核にすえ、前述の業務全行程を自動化・無人化するための業務組み込み型ドローンシステムを一気通貫で提供しています。今回は、ドローンの最先端技術とその活用事例についてご紹介いたします。

SEMICON Japan 2019 - Tokyo, Japan