「SEMICON Japan 2017」 10月2日(月)よりセミナー・イベントの受付開始

報道関係各位

「SEMICON Japan 2017」
10月2日(月)よりセミナー・イベントの受け付け開始
マジックが起きる。さぁ、新たな法則の生まれる場所へ!

 

SEMI(本部:米国カリフォルニア州ミルピタス)は、2017年12月13日(水)~15日(金)に東京ビッグサイトにおいて開催する、世界を代表するエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2017」のセミナー・イベントの受け付けを、本日10月2日(月)より開始します。SEMICON Japanの展示会、セミナー、イベントへのご参加は、原則としてすべて事前に登録・申込みが必要です。お申し込みは、SEMICON Japanの公式Webサイト(www.semiconjapan.org/jp)で受け付けています。

2017年の半導体サプライチェーンは、モバイル、自動車、IoTといった多様なアプリケーションの需要が拡大し、素晴らしい1年になろうとしています。この成長トレンドは来年へとさらに拡大することが期待されています。社会への半導体の浸透は新たなステージへと進展し、今まで想像もできなかった新しい技術、アプリケーション、ビジネスモデルの出会いが始まっています。SEMICON Japanでは、半導体の製造サプライチェーンの全域をカバーし、さらにIoTをキーワードとしたアプリケーションまでを包み込み、参加者の出会いの場をつくります。今年のSEMICON Japanのテーマ「マジックが起きる。」は、その夢のようなチャンスの到来を告げるメッセージです。

■    オープニングキーノート
12月13日のオープニングキーノートでは、「ゲームチェンジ時代へのビジョン」をテーマに、IoTとAIが世界の産業地図を塗り替え、まさにゲームチェンジを起こす時代を、2人のグローバル企業のリーダーが展望します:

  • ソフトバンク(株) 代表取締役社長 兼 CEO
    宮内 謙氏
  • Qualcomm Technologies, Inc. Senior Vice President of Product Management
    Raj Talluri(ラジ・タルーリ)氏

■    SuperTHEATER
会議棟1FのSuperTHEATER(スーパーシアター)からは、オープニングキーノートをはじめ、SEMICON Japanを構成する各分野の基調となる9つのフォーラムを提供します。(聴講無料)

12月13日(水):

  • オープニングキーノート 「ゲームチェンジ時代へのビジョン」
  • 半導体エグゼクティブフォーラム 「新たなビジネス環境に臨む成長戦略」
  • SEMIマーケットフォーラム 「中国半導体産業の光と影」

12月14日(木):

  • IT/AIフォーラム 「米国ITトップランナーのAI戦略」
  • IoTグローバルトレンドフォーラム 「半導体が実現する超IoT世界」
  • IoTキーテクノロジーフォーラム 「スマートオートモーティブの時代がやってくる」

12月15日(金):

  • 製造イノベーションフォーラム 「多様化する未来を支える製造技術」
  • エレクトロニクストレンドフォーラム 「スマート社会を加速する新技術・新トレンド」
  • みらいビジョンフォーラム 「技術が切り拓くすこし先の未来」

このうち、半導体エグゼクティブフォーラムでは、TowerJazz SemiconductorからCEO ラッセル・エルワンガー(Russell Ellwanger)氏、SMICからCEO ハイジュン・ザオ(Haijun Zhao)氏、Micron Technology, Inc.からはSenior VP of Global Manufacturing ウェイン・アラン(Wayne Allan)氏が登壇されます。また、製造イノベーションフォーラムでは、東京エレクトロン(株) 取締役相談役 東 哲郎氏、Xilinx, Inc. Senior Director Foundry Technology ジョナサン・チャン(Jonathan Chang)氏、Lam Research Corp. Corporate CTO リック・ゴッチョ(Rick Gottscho)氏が登壇されます。

■    SEMIテクノロジーシンポジウム
半導体のデバイス技術、製造技術の進捗を第一線の技術者や専門家が発表するSEMIテクノロジーシンポジウムの12のセッションを、展示会場内の3つのTechSTAGEから連日発信します。また、パッケージング、先端リソグラフィーの各セッションの後には交流イベント GET TOGETHERが開催されます。(聴講無料)

12月13日(水)

  • STS MEMS・センサセッション(1) 「広がるセンサアプリケーション」
  • STS MEMS・センサセッション(2) 「ヘテロ集積化」
  • STS 特別セッション -AI-  「人口知能:基礎~応用~社会へのインパクト」
  • STS パワーデバイスセッション(1) 新材料パワー半導体~本格実用化始まる(1)
  • STS パワーデバイスセッション(2) 新材料パワー半導体~本格実用化始まる(2)

12月14日(木)

  • STS パッケージングセッション(1) 「FOWLPでパッケージの限界を突き破れSeason2」
  • STS パッケージングセッション(2) 「3D、Heterogeneous Integration、車載における実装技術」
  • STS 先端リソグラフィーセッション(1) 「量産適用が近づくEUVリソグラフィーの最新動向」
  • STS 先端リソグラフィーセッション(2) 「エマージングパターニング技術と計測技術の最新動向」

12月15日(金)

  • STS テストセッション 「繋がるデバイスの品質とコストへの挑戦」
  • STS MEMS・センサセッション(1) 「自動運転とMEMS技術」
  • STS MEMS・センサセッション(2) 「IoTを支えるMEMSデバイス」
  • STS 先端デバイス・プロセスセッション(1) 「先端デバイスの現状と将来の展望 1」
  • STS 先端デバイス・プロセスセッション(2) 「先端デバイスの現状と将来の展望 2」

■    INNOVATION VILLAGE今年で3年目となり、SEMICON Japanのひとつの目玉として定着した、スタートアップ企業と投資家や企業を結びつけるイベント「INNOVATION VILLAGE」では、スタートアップのパネル展示に加えて、プレゼンテーション(ピッチ)を展示会場内のTechSTAGEで12月15日(木)に実施します。ピッチの発表者の決定と聴講申し込みは、10月下旬の予定です。(聴講無料)

■    MIRAI GAKKO業界の人材育成を目指して、40周年記念事業として昨年設立された「MIRAI GAKKO」では、若手社員や学生を対象とした次の6つのイベントを提供します。

  • TECH CAMP:ハッカソン、セミナー、交流会を含む3日間の集中講座(12月13-15日)
  • アカデミア:大学による研究開発の展示・口頭発表(12月13-15日)
  • 未来COLLEGE:学生向け業界ガイダンス・ブースツアー(12月13-15日)
  • 未来プログラム「若手エンジニアの挑戦」:第一線で活躍する若手技術者が登壇(12月14日)
  • 同「若手技術者に向けた半導体製造工程のオーバービュー」(12月15日)
  • THE高専:高等専門学校の学生による研究発表会・展示(12月13-15日)
  • INNOVATE Reception:学生、若手社員、ベンチャーの交流会(12月14日)

なお、TECH CAMPのハッカソンの各チームの発表は、12月15日にTechSTAGEで行われ、聴講いただけます。

※ 上記セミナーおよびイベントの詳細、またこの他のセミナーやネットワーキングイベントについては、SEMICON Japan公式Webサイト(www.semiconjapan.org/jp)をご参照下さい。参加は無料ですが、一部参加条件のあるイベントがございます。

 

「SEMICON Japan 2017」は、次のスポンサーの支援のもとで開催されます。(社名五十音順)

  • プラチナスポンサー: (株)SCREENセミコンダクターソリューションズ、東京エレクトロン(株)、(株)日立ハイテクノロジーズ
  • ゴールドスポンサー: ゴールドスポンサー:    (株)アドバンテスト、Applied Materials Inc.、(株)荏原製作所、JSR(株)、
    (株)ダイヘン、(株)東京精密、(株)ニコン、日立化成(株)、ファスフォードテクノロジ(株)、Lam Research Corp.、VAT Inc.
  • WORLD OF IOTスポンサー:ASEグループ、ソフトバンク(株)、(株)ディスコ

 

■    SEMICON Japan 2017 開催概要

会期2017年12月13日(水)~15日(金) 展示会10:00~17:00
会場東京ビッグサイト 東展示棟・会議棟
主催SEMI
後援(予定)米国商務省、一般社団法人SiCアライアンス、特定非営利活動法人LED照明推進協議会、一般社団法人エレクトロニクス実装学会、公益社団法人応用物理学会、一般社団法人電子情報技術産業協会、一般社団法人日本液晶学会、一般社団法人日本真空学会、日本真空工業会、一般社団法人日本電子回路工業会、一般社団法人日本電子デバイス産業協会、一般社団法人日本半導体製造装置協会、一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会
ロゴ 
テーママジックが起きる。(英文 Dreams Start Here)
開催回数第41回
Webサイトhttp://www.semiconjapan.org/jp

 

■ 前回SEMICON Japan 2016開催概要

会期2016年12月14日(水)~16日(金)
会場東京ビッグサイト
主催SEMI
展示会規模出展者数14ヶ国より757、総出展面積14,415平方メートル
来場者数3日間延べ64,163名(来場者実数29,631名)

 

 


本リリースに関するお問合せ
SEMICON Japanおよび特別展「WORLD OF IOT」について:
SEMIジャパン カスタマー・サービス
Email:jcustomer@semi.org/ Tel:03-3222-5988
メディア・コンタクト:
  井之上パブリックリレーションズ
  Email:semijapan-pr@inoue-pr.com / Tel:03-5269-2301

 

Press Release Date: 
Monday, October 2, 2017