世界半導体製造装置の年末市場予測を発表

2015年12日15日

 

<ご参考資料>
2015年12月15日(日本時間)に発表されるプレスリリースの翻訳です。

世界半導体製造装置の年末市場予測を発表
2015年は370億ドル、2016年は380億ドルと予測

SEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は12月15日(日本時間)、SEMICON Japan 2015の記者会見において、2015年末の半導体製造装置市場予測を発表しました。それによると、2015年の半導体製造装置(新品)販売額は、前年比 0.6%減の373億ドルと予測されます。2016年はわずかながらプラス成長に転じ、1.4%増となる見込みです。

半導体製造装置の中で、金額では最大のセグメントとなるウェーハプロセス処理装置市場は、2015年は0.7%増の295億ドルに成長すると予測し ています。ファブ設備、マスク/レチクル、ウェーハ製造装置を含む「その他の前工程装置」は、2015年に20.6%成長するでしょう。一方、組み立てお よびパッケージング装置市場は16.4%減の26億ドル、またテスト装置は7.4%減の33億ドルと、それぞれ2015年は減少することを予測していま す。

台湾、韓国、北米が、2015年も最大市場となりますが、日本における投資額も北米市場に接近しています。SEMIの予測では、欧州市場が、 2016年に前年比63.1%の成長をし、34億ドルに達します。2015年の13%の縮小の後、GLOBALFOUNDRIES、Infineon、 Intel、STMicroelectronicsがファブの装置支出を大幅に増加することが予測され、2016年の急成長につながります。東南アジアを 主とする「その他地域」での販売額は、25.7%増の25億ドルに達するでしょう。中国市場は、9.1%増の53億ドル、北米市場は、6.1%増の59億 ドルがそれぞれ予測されます。日本、韓国、台湾の装置市場は、いずれも2016年に縮小することが予測されます。

地域別市場予測                             ※金額は10億米ドル 

 2012年
(実績)
2013年
(実績)
2014年
(実績)
2015年
予測
2016年
予測
中国2.503.384.374.885.32
欧州2.551.922.382.073.37
日本3.423.384.185.554.58
韓国8.675.226.848.087.36
北米8.155.278.165.595.93
その他地域2.102.082.151.992.50
台湾9.5310.579.419.148.76
合計36.9331.8237.5037.2937.82

※数字を丸めているため、合計値とパーセンテージは一致しない場合があります。
(出典:SEMI, Equipment Market Data Subscription (EMDS))

 

日本からのお問合せは下記でもお受けいたします。
カスタマー・サービス: Email: yando@semi.org  Tel: 03-3222-5854

 


本リリースに関するお問合せ

統計について:
  SEMIジャパン カスタマー・サービス
  Email:yando@semi.org
  Tel:03-3222-5854
メディア・コンタクト:
 井之上パブリックリレーションズ
 Email:semijapan-pr@inoue-pr.com
 Tel:03-5269-2301

 

Press Release Date: 
Tuesday, December 15, 2015