SEMI通信 2017年5月号 Report 2

半導体製造装置市場の先行指標

Custer Consulting ウォルト・カスター、SEMI ダン・トレーシー

 

半導体製造装置販売額の今年1月から2月までの集計は、昨年同期比較で90%増となりました。2ヶ月間全世界の販売額は、約75億ドルにまで達しています。

将来のビジネス動向を予測するには、先行指標が役立ちます。半導体製造装置の世界販売額については、世界製造業PMI(購買担当者景気指数)と台湾ファウンドリ売上高の複合値が有用です。

  • JPモルガン世界製造業PMIは、JPモルガンとHISマークイット(www.markiteconomics.com)が集計しています。
  • 台湾ファウンドリ複合値は、台湾株式市場に上場されているファウンドリの月次売上データを集計したもので、Custer Consulting Groupから提供されています。
  • 米国半導体工業会(SIA)は半導体の世界販売額月次データを提供し、またSEMIは半導体製造装置の世界販売額月次データを提供します。

図1は、台湾ファウンドリ出荷額、SEMIの世界装置販売額、SIAの世界半導体販売額を比較したものです。異なる時系列データの比較は、3ヵ月間合計値の昨年同期比を使用するとわかり易くなります。

 

 

ファウンドリの出荷額は、半導体の販売額よりも変動が大きいものの、時期は一致しています。ファウンドリと半導体の3ヵ月間合計額の成長率は、半導体製造装置の販売額の3ヵ月間合計の成長率に対して約6ヵ月先行して変化しています。2017年の初頭に、ファウンドリの成長率が、プラス領域にはあるものの、減速をしました。しかし、台湾ファウンドリのデータもSIAのデータも、半導体製造装置の成長率が年央に減速することを予告しています。

図2は、世界製造業PMIと半導体販売額、半導体製造装置販売額について、3ヵ月合計の前年同期比を比較したものです。世界製造業PMIの値は、グラフで山と谷を強調するため、二乗しています。世界製造業PMIは半導体の販売額に対し約2ヵ月先行し、半導体製造装置に対しては約8ヵ月先行しています。2017年の上昇サイクルは、2010年ほどは劇的ではありませんし、PMIもまた、半導体製造装置の成長率が年央に減速することを告げています。

 

billings-2

 

SEMI会員企業の方は、会員限定の市場データや情報を次のWebサイトから入手することができます:www.semi.org/en/free-market-data-semi-members (日本の会員専用レポートはこちら:http://www.semi.org/en/members-only-update-semi-japan

Custer Consulting Group(www.custerconsulting.com)は電子機器や太陽光発電のサプライチェーンに対する市場調査、ビジネス分析、予測を提供します。対象には次の分野が含まれます:半導体、プリント基板等の受動部品、太陽電池セル・モジュール、EMS、ODM及び関連アセンブリービジネス、材料およびプロセス装置。

 

初出: SEMI Global Update 2017年4月18日号