SEMIの日本地区におけるスタンダード各賞 受賞者発表

報道関係各位

SEMIの日本地区におけるスタンダード各賞 受賞者発表

2016年度SEMIジャパン・スタンダード賞はSUMCOの中井哲弥氏が受賞
 

SEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は、2016年の日本地区SEMIスタンダード各賞の受賞者を下記の通り発表いたします。(敬称略、所属はSEMIスタンダード活動時の在籍企業)

SEMIジャパン・スタンダード賞(SEMI Japan Standards Award)

  • 株式会社SUMCO 中井 哲弥(ナカイ テツヤ)氏

国際協力賞(International Collaboration Award)

  • Tokyo Electron U.S. Holdings, Inc. Lauren Crane(ローレン クレーン)氏
  • 東京エレクトロン株式会社 村田 尚子(ムラタ ナオコ)氏
  • グローバルウェーハズ・ジャパン株式会社 竹田 隆二(タケダ リュウジ)氏

「功労賞」(Honor Award)

  • 大日本印刷株式会社 法元 盛久(ホウガ モリヒサ)氏
  • 日清紡メカトロニクス株式会社 石川 誠(イシカワ マコト)氏
  • SCREENビジネスサポートソリューションズ株式会社 西口 直克(ニシグチ ナオカツ)氏
  • 個人 荻原 秀昭(オギハラ ヒデアキ)氏

授賞式は、12月14日(水)~16日(金)に東京ビッグサイトで開催される世界を代表するマイクロエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2016」において、12月15日の「SEMIスタンダード授賞式・フレンドシップパーティ」の席上で執り行われます。

「SEMIジャパン・スタンダード賞」は、日本地区においてスタンダード活動に特段の貢献があった個人またはグループを表彰するもので、日本地区におけるSEMIスタンダードの最高栄誉賞であり、本年度は中井哲弥氏に授与されます。

選考委員会は、中井氏のSEMIジャパン・スタンダード賞受賞の理由を以下のように述べています。
「中井氏は、2010年9月から現在に至るまで、シリコンウェーハ委員会の委員長として日本の活動を取りまとめてこられました。SEMIスタンダードの中でも最も歴史の長いシリコンウェーハ委員会の活動は常にグローバルな視点で展開されていますが、氏はその実現のために常に尽力されています。
各地区で開催されるタスクフォース(標準文書素案策定グループ)や委員会に欠かすことなく出席し、常に議論の中心的存在として活躍するとともに、スタンダード活動の全体最適の観点から、PI&C(フィジカル インターファイス&キャリア)委員会や3DS-IC(三次元積層集積回路)委員会との連携を深めることに力を尽くされました。また、関連する文書との矛盾解決、読み手にとっての分かりやすさを意識した改訂の提案など、シリコンウェーハの仕様であるSEMI M1の文書としての質の向上にも大きく貢献されてきました。氏は、450㎜ウェーハ仕様開発活動にも初期段階から参画され、意見調整などその開発過程において大きく貢献されました。」

「SEMI国際協力賞」はLauren Crane氏、村田尚子氏および竹田隆二氏に授与されます。本賞は言語・文化の違いを克服し国際組織間の調整、国際間の大きな課題解決に特段の貢献があった個人またはグループに贈られます。

Crane氏は、長きにわたり製品安全および環境スタンダードの活動を常に牽引してきました。広い視野を持つ氏は、特に日米間のコミュニケーションの円滑化と協業に力を入れてこられました。以下2つの文書が氏の強力なサポートのもと、出版承認に至りました。

  • SEMI S23: GUIDE FOR ENERGY, UTILITIES, AND MATERIALS USE EFFICIENCY OF SEMICONDUCTOR MANUFACTURING EQUIPMENT(半導体製造装置におけるエネルギーと資源の効率的な仕様のガイド(仮))
  • SEMI S2: 半導体製造装置の環境、安全に関するガイドライン(19章地震保護)

村田氏は、業界の意見を先取りして、デバイスメーカーと装置メーカーとの協調の上、ウェーハのジョブ管理のための文書開発に貢献されました。現世代の通信スタンダードは複数枚のロットと呼ばれる単位で管理していますが、将来的に微細化やこまめな管理の要求が予想されます。今のロットのスタンダードを活かしながら、ウェーハでの管理も可能にするためのSEMI E175: ウェーハジョブ管理のための仕様(WJM)は2016年11月に出版されました。

専門的な知識を持つ竹田氏は、シリコンウェーハ委員会下の国際テストメソッドタスクフォースリーダーとして、長年にわたり、日本国内の活動、国際的な活動の両方を取りまとめてこられました。SEMI M85: 誘導結合プラズマ質量分析法によるシリコンウェーハ表面の微量金属汚染の測定ガイドの開発に加え、2016年3月にJEITA(電子情報技術産業協会)の半導体技術委員会・シリコン規格管理小委員会の解散を受けて、多くのJEITA規格をSEMIスタンダードに移管するための作業にNA・EUのメンバーと調整を図りながら取り組んでいます。

「JRSC功労賞」は日本地区スタンダード委員会委員また技術委員会幹事を表彰するもので、委員会の新設・改廃・再編もしくは多くのタスクフォースの設立、長年にわたり技術委員会委員として、また、幹事として活躍された方に贈られます。本年度は以下4名の方に授与されます。
法元盛久氏は長年にわたりマイクロパターンニング委員会委員として活動に尽力、2013年からは委員長も務められました。

石川誠氏は現オートメーション・テクノロジー委員会の前身PVオートメーション委員会委員長として、また、タスクフォースリーダーとしてユーザー観点からPV製造装置における通信スタンダードの策定に尽力されました。

西口直克氏は安全ガイドライン策定に多大な貢献をされました。SEMI S26:FPD装置システムの環境、健康および安全に関するガイドラインの策定、東日本大震災を受けて始まったSEMI S2:半導体製造装置の環境、健康、安全に関するガイドラインの19章地震保護改訂にあたりタスクフォースリーダーとして長期化する意見集約に努めるなど取りまとめに尽力されました。

荻原秀昭氏は長年にわたりインフォメーション アンド コントロール委員会の活動、特にオブジェクトモデル、センサーバスのスタンダード化に貢献されました。
なお、「JRSC特別賞」(Special Award)は、本年は該当者がありませんでした。

【ご参考】

■ 日本地区におけるSEMIスタンダード各賞: 
SEMI日本地区スタンダード委員会が、毎年12月に開催されるSEMICON Japanにおいて、同地区のスタンダード活動で傑出したリーダーシップを発揮したスタンダード委員に授与する賞です。「SEMIジャパン・スタンダード賞」、「SEMI国際協力賞」、「JRSC特別賞」、「JRSC功労賞」の4つの賞があります。

■ SEMIスタンダード活動:
SEMIスタンダードは、半導体、フラットパネルディスプレイ、LED(Light-Emitting Diode、発光ダイオード)製造、太陽光発電分野などにおけるコンセンサスベースの国際業界自主基準です。部材メーカー、製造装置メーカー、デバイス(パネル・セル)メーカー、検査・評価機関、サービスプロバイダーなど、エレクトロニクス製品製造の源流から最終製品に近い分野まで、広範囲な標準化対象をカバーしていることが特長です。各業界分野の専門家の知見を結集して開発された国際的な仕様・技術標準として広く利用されています。現在、12分野で900以上のスタンダードが出版されています。
http://www.semi.org/jp/Standards/

 


本リリースに関するお問合せ

SEMIスタンダードについて:
  SEMIジャパン スタンダード&EHS部   
  Email: jstandard
@semi.org / Tel:03-3222-5854

メディア・コンタクト:
  井之上パブリックリレーションズ
  Email: semijapan-pr@inoue-pr.com / Tel:03-5269-2301

 

Press Release Date: 
Monday, December 12, 2016